【英語】レストランで注文をする方法

2020年4月24日

海外で生活する中で最初に困る英語表現が

レストランやファーストフード店で
「◯◯下さい 」という時ではないでしょうか。
 
そんなとき、現地ではなんて言っているのかお教えしますね。
 

■レストランでもマクドナルドでも同じ

 
こちらで現地人が使っているのが
 
・ I will have ◯◯.
・ I will get ◯◯.
 
もしくは、
 
・ I will go for ◯◯.
 
ですね。
 

■注文を迷っているとき

 
以上の前に、I think ~をつけると、
「迷っているけど、これにしようかな」というニュアンスになります。
 
 
なので、レストランでも迷っている時は
I think I go for something not hot.
What is your suggestion?
と言えば、
「あんまり辛くないものにしようと思うんだけど、
オススメはなんですか。」
と伝わると思います。
 
(ちなみに、オススメ=recommendation
で使ったときはあまり伝わりませんでした)

■have > get で丁寧表現?

以前に英語での注文方法を調べたときには
haveの方がgetよりも丁寧な表現という記事を見たことがあります。
 
ある日、現地の友人たちと夕食をレストランで食べたときに、
“I’ll have ○○."
“I’m gonna get○○."
と人によって使う単語が異なっていたことがあったので、
 
「haveとgetでどう違うの?haveの方が丁寧って聞いたけど。」
 
と聞いてみると、
 
「別にそんなに気にしてないかな。
確かに、昔は違いがあったけど、最近はみんな気にしてないよ。」
 
とのことでした。
ちなみに、過去からの単語の使用状況をGoogle Books Ngram Viewerで調べてみると
I have dinner > I get dinner の方が多いですね。
 
とは言え、haveは「食べる」っていう意味があるので、当たり前ではありますけどね。
 
参考
 
もし、ほかにも表現を知ったら追記しようと思います。