Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jumpyworld/hanposaki.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jumpyworld/hanposaki.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jumpyworld/hanposaki.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/jumpyworld/hanposaki.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
【渡辺謙 主演】グラミー賞候補の「王様と私」はあの映画の元ネタ?

【渡辺謙 主演】グラミー賞候補の「王様と私」はあの映画の元ネタ?

「王様と私」オリジナル・ブロードウェイ・キャスト盤

俳優・渡辺謙主演のミュージカル「王様と私」
『第58回グラミー賞授賞式』で
「最優秀劇場ミュージカル・アルバム」にノミネートされたが、
惜しくも受賞を逃してしまいましたね。

何度もリバイバルされている本作ですが、
渡辺が主演した2015年版は傑作と評されていて、
「第69回トニー賞」でミュージカル・リバイバル作品賞など4部門に輝きました。

グラミー賞でも栄冠をつかむことができるのか、注目されていた分残念でしたね。
そんなミュージカル「王様と私」に関して、調べてみました!

スポンサーリンク

■あらすじ

「王様と私」は、タイ・バンコクを舞台に、シャム国王と、その子供たちの家庭教師として招かれた英国人女性アンナの関係を描いたミュージカル。

1860年代のこと、
夫を亡くしたイギリス人女性、アンナ・レオノーウェンズは、
王子・王女の家庭教師として、タイ王国の首都バンコクの王宮に迎えられます。
アンナは、封建的なタイ王室に近代の風を取り込もうとして、伝統としきたりを重んじる頑迷な王様と対立してしまう。

しかし、衝突と対立を繰り返すうち、次第に二人は引かれ合うようになる。
何度もリバイバルされてきた名作なんですね。

■いつ作られた?

マーガレット・ランドンが1944年に発表した小説
『Anna and the King of Siam』(アンナとシャム王)を原作として、
1951年に初演されたミュージカル作品です。

■「渡辺 謙」さんの役柄は?

hqdefault

「王様」のモデルは、タイ仏教の改革と列強諸国との外交に努めたタイ国王・ラーマ4世(在位:1851年 – 1868年)とされる。王が、イギリスからアンナ・レオノーウェンズ(Mrs. Anna Leonowens)を家庭教師に招き入れ、西洋の教育を子弟に行った。

■あの映画”Shall We ダンス?”との意外な関係?

なんと、映画”Shall We ダンス?”のタイトルと主題歌は
『王様と私』の主題歌「Shall we dance?」から採られているんですって!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です