【役満ボディ]岡田紗佳が“九蓮の女”と呼ばれる理由とは?

岡田紗佳さんはCSフジテレビの麻雀番組「THEわれめDEポン」の生放送で、
番組史上初めての役満「九蓮宝燈」を和了した(平成30年9月29日)こと一躍有名になりました。1995年8月の番組開始(ウィキペディア)以来、初めてということです。

そんな幸運の持ち主の岡田紗佳さんですが、
すごいのは運だけではなく
そのプロポーションや特技もすごかったんです!

役満「九蓮宝燈」ってどれだけ珍しいの?

麻雀に詳しくない方はピンとこないかもしれませんが、
「九蓮宝燈」を出すのはとても運がよくないと無理です。

『数牌の「1」と「9」を3枚 + 2~8を1枚ずつ + どれか1枚』
で完成するのですが、

発生確率は0.00045%とも言われ、
「出すと、死ぬ」と言われるくらいレアなんです。

 

岡田紗佳さんのプロフィール

生年月日:1994年2月19日
年齢:26歳
出身:東京都
血液型:O型
職業:モデル
学歴:青山学院高等部、青山学院大学国際政治経済学部
デビューのきっかけ:ノンノモデルオーディションに応募し、グランプリ受賞
現在はグラビアアイドル、女流麻雀プロとして
活躍されている岡田紗佳さんですが
デビューは女性ファッション雑誌のNon-noなんですね。

通称:役満ボディ!気になるカップ数は?

 

岡田紗佳さんのスリーサイズはなんと

B:85
W:58
H:83

で、気になるカップ数は Gカップ だそうです。

また、身長が170cmあり、
その豊満なプロポーションから
「役満ボディ」と呼ばれているんだとか!

呼び名が役満ボディ→九蓮の女 へ

モデルでプロ雀士の岡田紗佳 さんは
番組史上初めての役満「九蓮宝燈」を和了したことで
「九蓮の女って呼ばれるようになりました」
と笑顔で明かしています
その抜群のスタイルから「役満ボディ」という異名がついていたが、
新たな“称号”とも言うべき異名がついたとも語っています

岡田紗佳 は中国人ハーフで麻雀エリート!

岡田紗佳さんの母は中国人で、
日本で生まれ育ったのちに6歳から6年間を
上海で雀荘を経営する祖母宅で過ごしていたそうです
日本語のほかに北京語と上海語に堪能で、
小学生のころから麻雀を始めたんだそうです特技の上海語、北京語、中国のお琴はこの時に学んだんでしょうね

最新の写真集が2020年2月に発売!

そんな岡田紗佳さんの2nd 写真集が
2020年2月に発売されているようです!

 

7166dq31W4L._AC_SL1420_
麻雀をしている姿からは想像できない岡田紗佳さんの
セクシーな表情が楽しめる一冊みたいですよ!

岡田 紗佳さんはインタビューに

「前回の写真集は
女性にも手に取っていただけるようにおしゃれさも意識してましたが、
今回は、ザ・グラビアがコンセプトです」

とアピールされています。