[一時帰国者向け]空港でのPCR検査後の流れは?どこで、どれだけ待つの?

各国での新型コロナウィルス拡大を受けて、海外から帰国されている方もいるのではないでしょうか。そこで気になるのが、帰国後のPCR検査を受けたあとにどのような流れで自宅ないしはホテルにたどり着けるのでしょうか。

筆者は海外在住の知り合いが多いので(特にアメリカ)、帰国後の流れをインタビューし、実際の流れを調べてみました。

※あくまで、現時点での流れなので今後変わるかもしれません。

おすすめ記事
見出しタイトル

帰国フライト中

フライト中に到着後に入国時の検疫検査(PCR検査)のための記入書類が手渡されます。
内容としては、帰国後に

1. 自宅に帰宅
2. ホテルに滞在

A. 家族が迎えに来るか
B. 自己手配(公共交通機関はNG)で帰宅

を聞かれるようです。

下記は、ANAで帰国された友人から入手した記入書類です。
どうやら各航空会社/空港で若干書類のフォーマットが異なるようです。
あくまで参考として。

(検疫検査のための質問書)
4

3

(LINEアプリ等を活用した健康確認)

2

(厚労省からのお願い)

1

飛行機到着後

飛行機到着後はすぐには降りることができないことがあります。
これは単純に空港での受け入れ準備が必要だからです。

しかし、海外から日本への帰国便はそもそも乗客数がとても少ないので、
待ったとしても実質普段と同じくらいの時間で降りることができます。

空港へ到着後

飛行機から空港に到着後は、同じ時間帯で到着している他の便の乗客と合流します。
そこで検疫局のスタッフから検疫検査の説明、検査後の流れを説明します。

※この時、意外と周囲との距離が違いです。集合時や受付時にソーシャルディステンスは確保されていないようです。なので、この時から、マスクやサニタイザーを用意したほうが安心できるかもしれません。

検疫検査(PCR検査)の受付 → PCR検査

今後の流れが説明をされると、

検査の受付→移動→PCR検査

の流れで次に進みます。

検査の受付

子供がいる世帯
→ 迎えが来ている世帯(自宅隔離)
→ 自己手配(ホテル)で自己隔離する世帯

の順番で受付をします。
この時、ある友人は受付に時間が掛かるのに横の人がマスクしていなかったり、咳をしていることがあるらしく、感染リスク高いと感じたそうです。

【移動】

検査の受付をしてから、検査場まで移動します。
このとき、係員が常に一緒に居て、行動を監視されるみたいです。

【PCR検査】

防護服を着た検査員にPCR検査を実施されます。
検査自体はインフルエンザと同様で検査キットを鼻の奥にツッコまれます。

PCR検査を受けた感想

PCR検査は鼻の奥に検査キットをツッコむのですが、
皆さん感想はバラバラでした。
検査する人の技術次第なのかもしれないですが、
中にはくしゃみが出る人、痛みを感じる人、何も感じない人がいるみたいです。

ただ、共通しているのは結構奥まで突っ込まれるということ。
子供はギャン泣きするみたいです。

現在、個人で実施する検査キットの話がありますが、
自分で鼻の奥まで突っ込むのは逆に難しいんじゃないんですかね。
それで検査結果不明で結局意味がないという可能性もありそうですね。

検査後の待ち時間はどれくらい?

自宅隔離の場合はすぐに帰れるようです

検査後の流れですが、

①家族が迎えに来ていて、実家へ帰る
②レンタカーで実家へ帰る(公共交通機関、タクシーは使用NG)

の人は検査結果はその場で伝えられません。なので、すぐに預け荷物を受け取って帰宅します。結果は1週間以内にメール、電話などで伝えられるようです。

自宅隔離ではない場合は検査結果が出るまで待機

上記以外は検査結果が出るまで空港から出られません。
どれほど待つのかは、運次第のようです。

Q:検査結果が出るまでどれくらい時間が掛かるの?
A:初期は24時間以上かかりましたが、現在は9時間程度だそうです。

つまり、検査結果が出るまでの最低9時間は待機が必要となるのです。
待機方法の私が知っている3パターンをご紹介します。

空港待機の場合①「空港近くのホテルで待機」

運がいいと、空港近くのホテルで検査結果がでるまで待機できます。

羽田空港到着→ホテルグランドヒル市ヶ谷
成田空港到着→東横イン 成田

が待機ホテルに指定されており、ホテルまでシャトルバスで移動します。
大抵は一泊するそうですが、早朝便の場合は夜に検査結果がでて宿泊しないパターンもあるとか。

空港待機の場合②「別の空港へ移動し、近くのホテルで待機」

中には、成田空港→中部国際空港へ移動し、
中部国際空港近くのホテルで検査結果を待ち、結果判明後にまた成田空港まで戻ってくる場合もあるようです。この場合は、成田空港を出発したのが21時。ホテルの部屋に到着したのが深夜1時だったそうです。ホテルで休めるとはいえ、結構大変です。

空港待機の場合①「ひたすらロビーで待つ」

このパターンが一番大変なようです。単純に待合ロビーで待ちます。
ホテルの客室のように仕切りなどもないようです。
貸出、貸与用品として、

①毛布(一人何枚でもOK) ②水 ③お弁当

があるようですが、待つのは固いベンチです。夜になるとかなり冷えるそうです。
小さいお子さん連れでも特別扱いはなく同様に待たなければならないみたいです。
人が少なければいいですが、万が一混雑した便でロビー待機の場合は感染リスクも高いので、この場合を想定して、サニタイザーや除菌シート、マスクは手荷物に入れておいた方が良さそうです。

 

まとめ

海外から避難帰国される方々は場合によっては長時間のフライトで疲れているかもしれませんが、その後にホテル待機の場合は、到着後も長い検査結果待ち時間を耐えなければなりません。大人でも大変ですが、小さいお子さんがいる場合はもっと大変です。

最悪、空港の出発待機ロビーで一夜を越さなけばならないことを想定して、
手荷物に上着やお菓子、おもちゃなどを入れておいて準備をしておくことをお勧めします。

 

おすすめ記事
見出しタイトル